発信!!グアテマラ野球!

青年海外協力隊 2017-3 としてグアテマラのケツァルテナンゴというところで子供達と野球をしています。もっと彼らの夢が広がるように、日本とそして世界と繋がるように発信していきます。

MENU

新たな歴史の誕生!

Hola!!

こんにちは!

 

5月も終盤に差し掛かり、大学生は春季リーグ戦の後半、高校生も春季大会で県の大会を勝ち上がったチームが地方大会で激戦を繰り広げている真っ只中ではないでしょうか。

そして私の任地であるここ、グアテマラのケツァルテナンゴでも新しい取り組みが始まりました。

 

子供達のリーグ戦の誕生。

f:id:sho14m:20180522011753j:plain

ここグアテマラは年に1度野球連盟主催のもと国内全ての野球協会が各カテゴリーで1チームを作り、全国大会が行われます。

しかし、それは年に1度の大会。

せっかく普段野球の練習を頑張っている子供達も、なかなか試合経験を積む事ができません。

 

実際に今月はじめに私が初めて経験した大会では、子供達は緊張しまくり…

いつも通りのプレーが全然できていませんでした。

そこで、配属先の野球協会の会長や同僚とともに考えたのが、県内で子供達のリーグを作り、毎週末に試合を行うことです。

 

対象は11歳から14歳の子供達です。

現在チームはまだ3チーム。まだまだ導入段階です。

 

リーグ開幕

f:id:sho14m:20180522012544j:plain

2018年5月19日土曜日にリーグ戦が開幕しました。

開幕式には、大々的にグアテマラのスポーツ省や地元メディア、野球協会が集まりました。

スケジュールは毎週土曜日に2試合ずつ行い3チームで勝敗や得失点差を競います。

大体2ヶ月間行う予定です。

 

まだまだ発展途上!

f:id:sho14m:20180522013911j:plain

誕生したばかりのリーグ戦まだまだ発展途上です。

リーグとしても、選手達もまだまだ伸び代が大きくあります。

人数も1チーム12人程で、3チームこれからどんどん規模が大きくなればと思います。

 

ケツァルテナンゴ野球の将来

f:id:sho14m:20180522014441j:plain

ここで野球を学んで成長した子供たちがいつの日か、メジャーリーグやその他の海外リーグそして、日本プロ野球界で活躍できる日々を楽しみにしています。

その為に子供達にもいろんなアプローチがしたいです。

新たな第一歩

こんにちは!!!

 

まだまだ家のWiFiは復活する気配すらありません。

今日のお昼に業者が来て直してくれるはずだよ。というパパの言葉を

10回以上も聞いていたら1ヶ月半も経ってしまいました…

 

最近は必要な資料を作ったり、それを事務所に提出する為に近くのカフェにきています。

その時間を使って今回の記事も書きたいと思います。

 

Uー23代表

f:id:sho14m:20180518033228j:plain

今年はグアテマラ野球連盟のスケジュールの中に各地域のUー23代表の大会があります。23歳以下の代表選手の大会です。

僕の所属先の野球協会からも代表チームをつくり大会に出場する予定です。

 

その為、先週から午前中に大学生との練習が開始しました。

こちらの大学生は、午後から授業にでる学生がほとんどみたいで、午前中に練習をすることに。

その中には4年前に短期ボランティアで来た時に出会ったグアテマラ人が多くいました。

ケツァルテナンゴではたった1週間の活動でしたが、それでも覚えてくれていました。

それより、15歳〜18歳だった子供達が4年の月日を経て大人っぽくなっていました。

 

身体づくり

f:id:sho14m:20180518033725j:plain

体力もしっかりつけてもらおうと思い、施設のトレーニングルームを利用しトレーニングも行っています。

まだまだ力が弱いですが、少しずつ力をつけて変化を実感してもらいたい。

自分の力を数値化して目に見える形で実感してもらいたいと思います。

 

本当は、小学生のうちから少しずつ少しずつ記録をとり、20代前半に成果がでるような仕組みにしたいのですが、もうすでに20歳を超えている彼らには、短期的に結果をだしてもらいましょう。

 

大学生達との練習は、無邪気でやんちゃな子供達とはまた違い、メリハリがあり、メニューをしっかりこなしてくれるのでとても楽しいです。

 

大会までもう少し時間があります。

 

彼らと一緒に思いっきり野球を楽しみます!!!!!!!

子供たちの飛躍的な成長

こんにちは!!

本当に、本当に久しぶりの投稿です。

家のWi-Fiが故障してやく1ヶ月。家では何もできません。

パパの明後日には直るから!というセリフを10回くらい聞きいてたら、いつの間にか1ヶ月も経過しました…

 

中南米らしくてワクワクしてきます。

 

現在は先輩の隊員に安くて、ゆっくり使えるカフェを紹介してもらいそこでゆっくり記事を書いています。

 

報告したいこと山ほどあります!

この1ヶ月間いろんなことがありました。

 

子供達もどんどん成長しています。

 

写真もたくさんあるので、少しずつアップしていきたいと思います。

 

まずは直近の話題からお届けします。

 

小学生の大会で予選敗退。

f:id:sho14m:20180513075345j:plain

先週末任地に赴任して初の大会が行われました。11歳、12歳のカテゴリーの大会なのですが、半分はまだまだ野球を始めたばかりの子供達、彼らにとって人生初の大会です。

中には緊張で、手や足が震える子も。

いつも生意気で賑やかな子も、とても静かになったりと…

見てて少し面白かったです。

 

この大会は5チームが総当たりで試合を行い、上位3チームが月末に他県で行われる決勝リーグに出場できます。

 

しかし結果は2位、3位、4位のチームが2勝2敗で並びましたが、得失点の差で4位に。

 

決勝リーグに進むことはできませんでした…

非常に悔しい結果となりました。

 

しかし、その中でたくさんの課題が見つかりました。

子供達の成長もたくさん見られました。

非常に大きい収穫だと思います。

 

これから、しっかり課題と向き合い、同僚と供に練習工夫していき、次の大会では優勝できるようになります。

 

彼にとっての第一歩

f:id:sho14m:20180513075408j:plain

前回の記事で紹介したように、先月からずっと公立の小学校を巡回し、ベースボール型の授業を行っています。

そこからたくさんの子供達が練習に参加してくれるようになったのですが、1人の男の子がメンバー入りしました。

 

まだまだ野球を初めて1ヶ月のホルヘくん。

毎日練習に参加してくれるので伸び代は非常に大きいです。

この大会でも、出場機会は少なかったものの初めての試合でピッチャーをすることに。

緊張で手足が震えていましたが、堂々としたピッチングをすることができました。

1イニングが精一杯かと思いましたが、予想以上に頑張りました。

 

彼の野球人生は始まったばかり。まだまだ可能性を秘めています。

今回はその大きな第一歩になったのではないでしょうか。

 

まだまだ子供達は成長期の真っ只中。

そこで私たち大人がしっかりその成長を見守り、技術の向上だけでなく人としても大きく成長できるようにサポートしていきたいと思います。