発信!!グアテマラ野球!

青年海外協力隊 2017-3 としてグアテマラのケツァルテナンゴというところで子供達と野球をしています。もっと彼らの夢が広がるように、日本とそして世界と繋がるように発信していきます。

MENU

2018年スタート!

野球で広がる可能性

皆さん新年明けましておめでとうございます。

こちらグアテマラでも2018年がスタートしました。カウントダウンはアンティグアで迎えましたが、物凄い人と花火ですんごいことになっていました。

f:id:sho14m:20180102113545j:plain

毎年このような感じで賑わっているそうです!

今年はここグアテマラでスタートしました。まだまだこのブログもスタートしたばかりですが、しっかりとこちらの様子を発信していきたいと思います。

 

まだまだグアテマラでは野球はマイナースポーツです。貧富の格差が大きいこの国では高価な野球道具を購入することもそう簡単ではありません。

それでも野球の楽しさを知った子供たちまた大人まで、素敵な笑顔で白球を追いかけて、バットを振っています。

とても純粋な笑顔です。私たち日本人が幼少期に野球を始めたばかりの頃の純粋な気持ちと全く同じです。

 

その様子をこのブログで伝えていきたいと思います。

f:id:sho14m:20180102114152j:plain

これは4年前に短期ボランティアとしてグアテマラに来た時の様子です。

f:id:sho14m:20180102114303j:plain

言葉がわからない僕の下手くそなジェスチャーを理解してくれて、純粋な笑顔で野球というスポーツを楽しんでくれました。

 

何を伝えれたかわかりません。

 

伝えたいことを伝えきれずに悔しい思いもしました。

 

それでも楽しそうにプレーしてくれて、最後には『Gracias』と言ってくれた子供たち。

 

彼らからいろんなことを学びました。

f:id:sho14m:20180102114712j:plain

 

そこから長期ボランティアに挑戦 。

 

いくつも壁はありましたが、最終的に4年前と同じグアテマラに長期隊員としてグアテマラに帰って来ることができました。

 

今度は4年前の恩返しをする番です。

 

語学をしっかり学び、伝えることはしっかり伝えていきます。

 

そして子供達がもっともっと野球を好きになるように。

 

試合の勝ち負けの結果だけを残すのではなく、、

『人を残す』『育てる』ことが大切です。

 

将来この子供達が次の世代の子供達に野球を通して、人として大切なことを伝えれるように。

 

簡単ではありませんが、この2年間でそれらを伝えれるように、子供達と存分に野球をしていきます。

 

そしてこのブログを見てくれた日本の野球少年達にもなにかが伝えれるように。

 

野球を通して、日本と世界が繋がりますように。