発信!!グアテマラ野球!

青年海外協力隊 2017-3 としてグアテマラのケツァルテナンゴというところで子供達と野球をしています。もっと彼らの夢が広がるように、日本とそして世界と繋がるように発信していきます。

MENU

北信野球の日!

みなさんこんにちは!

寒い日が続いているそうですがいかがお過ごしでしょうか?

今日はここグアテマラ初夏のような暑さで、日焼けしてしまいました。

 

気温の温度差が非常に激しいここグアテマラです。

 

さて本日は、出国前長野県で協力隊の訓練を受けている時に行かせていただいた非常に素敵なイベントの紹介をしたいと思います。

最高の野球普及活動

f:id:sho14m:20180108130203j:plain

昨年11月26日に長野県長野市のオリンピックスタジアムで行われた、北信野球の日というイベントです。

 

こちらは長野県北信地方高校野球の指導者の方々が中心となり企画されたものです。

野球をしている子供達のみならず、小学校に宣伝して野球をやったことのない子供たちにもアプローチをかけ保護者の方と一緒に楽しめるイベントでした。

 

そしてすごい良いアイディアだと思ったのが大人が中心となって運営するのではなく、北信の高校野球の球児たちがメインとなり、子供達を迎え入れ、一緒にキャッチボールをしたり、手伝いをしていたのです。

気になる内容とは

f:id:sho14m:20180108130445j:plain

球場内は幾つかのブースにわかれていて、画像のようにホームラン競争やストラックアウト、スピードガンコンテストが行われていました。

 

そしてこのカードを持っているとくじ引きができ、なんと景品にはグローブがあったりととても豪華なものでした。

 

f:id:sho14m:20180108130730j:plain

はじめて野球をする子供達もとても笑顔でたのしそうです。

 

f:id:sho14m:20180108130953j:plain

高校生達が一生懸命サポートすることで、子供達もどんどん野球の魅力を感じていっていました。

野球から学べることは多くある

私たち野球経験者は子供のころから当たり前のように野球を始め、学校が終わると友達を誘って野球をしていました。

クラブチームに入って、高校、大学と何不自由なく大好きな野球を思う存分できていました。

しかし、現在は小学生でも野球をしたことない子供達も多く、中にはグローブを触ったことのない子供もいます。

サッカーや他のスポーツの人気もありますが、野球界の問題点も多くあるはずです。

 

指導者の絶対的な権力

理不尽な上下関係

保護者同士の人間関係

クラブチームでは保護者にかかる負担

 

などなど、、、

まだまだ多くの問題があります。

 

しかし!

 

野球から学べることも本当に多くあります。

 

人を大切にすること。

道具や環境に感謝すること。

目標設定し努力すること。

体力の向上で健康な身体を作ること。

 

などなど

 

まさに、

心・技 ・体

全てが鍛えられるスポーツです。

 

そして人との繋がりもしっかりできていきます。

 

野球の魅力をどんどん発信し、子供達の幸せな未来を作っていきたいですね。

 

f:id:sho14m:20180108132313j:plain

これだけ多くの参加者を集められた北信の先生方を尊敬します。

 

このような活動が日本全国でどんどん行われることを願います。