発信!!グアテマラ野球!

青年海外協力隊 2017-3 としてグアテマラのケツァルテナンゴというところで子供達と野球をしています。もっと彼らの夢が広がるように、日本とそして世界と繋がるように発信していきます。

MENU

体育授業3週目

Hola!!!

更新がだいぶ少ないですが、しっかり毎日活動しています。

普段の生活も、ホストファミリーと一緒に充実した生活を送れています!

 

日本では、プロ野球のキャンプが始まり、そして選抜高校野球まであと少しと球春到来の季節ですね。

こちらグアテマラでもまだまだ規模は小さいですが、子供から大人までグラウンドで白球を追いかけています。

そして、本日は小学校での普及活動の第3週目でした。

 

第2週目には

f:id:sho14m:20180220105430j:plain

先週は学校訪問の記事が書けていませんでしたが、1週目のゴロ捕りとキャッチボールをおさらいし、少しレベルを上げて壁当てをしました。人数とボールの関係で5人組の壁当てです。

 

グループで1~5まで番号を決め、

 

投げた人が番号を言い、

 

その番号の人が跳ね返った球を捕球し、

 

すぐに壁に向かって投げ、同時に番号を言う。

 

これを繰り返すだけの簡単なルールです。

 

しかし、いざやってみるとランダムに番号を言うので全員が捕球の準備をしなければいけないので、意外と子供達も難しそうでした。

 

初めて握るバット

f:id:sho14m:20180220105517j:plain

 

そして、この第3週目からはバットを使ってみました。

初めてバットを握る子供達ばかりです。

ケースからバットを出しただけで、

 

『おぉ〜〜〜〜〜〜!!!』

と、歓声が。

 

非常に新鮮な気持ちになりました。

 

そして、初めて握るバット。

 

だいたい、上下反対に握る子供がいます。

 

そんな瞬間も微笑ましい。

 

彼らにとって全てが初体験です。

 

彼らの中から

f:id:sho14m:20180220111306j:plain

この2年間の活動の中でどれだけのことを子供達に伝えれるか正直わかりません。

 

しかし、全力で彼らに野球の楽しさを伝え

 

彼らがもっと、もっと野球を好きになるように。

 

彼らが大人になった時に自分達の体験を次の世代の子供達に伝えれるようになればと思います。

 

そして、いつか多くのグアテマラの子供達がメジャーリーガーを目指し切磋琢磨し合える日が来るように。

 

そんな日がくれば、日本のプロ野球にもグアテマラの選手がプレーしているかもしれませんね!!